有価証券とは何か?わかりやすく解説

有価証券とは

有価証券(読み方:ゆうかしょうけん)

 

有価証券とは、株式や債券などの財産的価値のある権利を表す証券のことです。

たとえば、株式を保有している場合は配当金を受け取る権利(利益配当請求権)、債券を保有している場合は利息を受け取る権利などがあります。これらの権利を表す株式や債券を「有価証券」といいます。

一般的に株式や債券などを指すことが多いですが、これは金融商品取引法で定義されたものであり、広い意味では約束手形や小切手、商品券や各種プリペイドカードも有価証券の1つとなります。

有価証券は、その証券を譲渡することで権利を移転できたり、その証券をもって権利を行使できるといった特徴があります。

 

有価証券メモ

・有価証券とは財産に関する権利や義務を表す証券のこと
・一般的に株式や債券のことを指しているが、広い意味では小切手や商品券なども有価証券の1つとなる
・有価証券は、譲渡により権利を移転したり、その証券をもって権利を行使できるといった特徴がある

 

有価証券の種類

有価証券は広い意味ではさまざまな種類があり、これを分類すると以下の3つに分類されます。

・資本証券(株式や債券などのように配当金や利息の請求権を表したもの)
・貨幣証券(約束手形や小切手などのように支払に関する権利を表したもの)
・物財証券(倉庫証券、商品券のように物品引渡請求権を表したもの)

一般的に有価証券と呼ばれている株式や債券は「資本証券」に該当します。

次に、金融商品取引法で定義されている有価証券のうち、代表的な有価証券を確認していきましょう。

株式
新株予約権
債券
┗国債
┗政府保証債
┗地方債
社債
転換社債型新株予約権付社債
投資信託

株式や新株予約権、国債や地方債といった債券全般、投資信託などが有価証券となります。

もちろん国内だけでなく、外国株式や外国債券も有価証券の1つです。

これらの有価証券を保有することでその証券がもつ権利を行使することができます。

・株式の場合は「配当金」を受け取れる
・新株予約権の場合はその会社の株式を取得できる
・債券の場合は利息を受け取れる、償還日に額面金額を返してもらえる
・投資信託は「分配金」を受け取れる

また、これらの有価証券は権利を行使するだけでなく、譲渡することで簡単に権利の移転をすることもできます。
他には売却することによって売買差益(キャピタルゲイン)を狙うこともできますし、「代用有価証券」として利用することもできます。
代用有価証券として利用する場合は各証券会社によって取り扱いが異なることもあります。

 

有価証券メモ

・有価証券の代表例は株式や債券、投資信託などがある
・国内だけでなく外国株式や外国債券も有価証券の1つ
・有価証券は売買することもできるし、代用有価証券として利用することもできる

 

スポンサーリンク
おすすめの記事