キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは

キャピタルゲイン(読み方:きゃぴたるげいん)

 

キャピタルゲインとは、簡単にいうと『売買差益』のことです。
株式などの保有している資産を売却することによって得られる利益の事をいいます。

例として、10万円で購入したA株が値上がりをして15万円で売却したとしましょう。
この場合の差額5万円の利益がキャピタルゲインです。(税金・手数料は省略)

株だけではなく債券や不動産、金やプラチナなどを売買したことで得られた利益もキャピタルゲインといいます。

逆に株などの資産を売却することによって出た損失の事を『キャピタルロス』といいます。

 

キャピタルゲインメモ

・キャピタルゲインとは『売買差益』のこと
・株だけではなく債券や不動産などの売却益もキャピタルゲインという
・売却することによって出た損失の事は『キャピタルロス』という

 

インカムゲインとは

インカムゲイン(読み方:いんかむげいん)

 

インカムゲインとは、資産を保有していることによって得られる収益のことです。
株や債券、不動産などを保有中に継続的に入る利益のことをいいます。

例として、株式の場合は配当金がインカムゲインに該当します。
債券では利子が、不動産では賃貸することにより得られる家賃収入がインカムゲインとなります。

 

インカムゲインメモ

・インカムゲインとは資産を保有していることにより得られる利益のこと
・株の配当金や不動産の家賃収入、債券や預金の利子などがインカムゲインに該当する

 

キャピタルゲインのメリット・デメリット

資産を売買することで得ることができるキャピタルゲインのメリットとデメリットを紹介します。

まずキャピタルゲインのメリットは以下のふたつです。

・大きな利益を狙える
キャピタルゲインは価格の変動によって利益が得られます。
そのため、大きく価値が上昇したりすればそれだけ大きな利益が見込まれます。

株式投資に例えると、インカムゲインである配当金は株価の数パーセントが一般的です。
ですが、株価は業績や材料次第では数倍にも膨れ上がる可能性があるので、それだけ大きな利益を得られる可能性があります。

・時間効率よく利益を狙える
キャピタルゲイン狙いの投資はインカムゲイン狙いの投資に比べて時間効率が良い投資が狙えます。
前述の通り価格変動によって利益が得られるので、極端な話では購入した翌日に大きく価格が上昇すればすぐに利益を獲得可能です。

逆にキャピタルゲインのデメリットは大きな損失となる可能性があることです。
短時間で大きな利益が見込める反面、その分価格の変動次第では損失が出るリスクも大きくなります。

要するに、キャピタルゲイン狙いの投資はハイリスクハイリターンになりやすくなるということです。

 

キャピタルゲインメモ

・キャピタルゲインのメリットは『大きな利益』を『短期間』で狙える点
・キャピタルゲインのデメリットは『大きな損失』となる可能性がある点
・キャピタルゲイン狙いの投資はハイリスクハイリターン

 

インカムゲインのメリット・デメリット

資産を保有していることによって収益を得られるインカムゲインのメリットとデメリットを紹介します。

まずインカムゲインのメリットは以下のふたつです。

・継続的に利益を得る事ができる
キャピタルゲインは資産を売却した時の一度きりの利益ですが、インカムゲインは継続的に何度も収益を得る事が可能です。
例えば株式の配当金は年に1度か2度程度決まった月に収益を得られます。
株式を保有していれば、企業が配当を出し続けている限り配当金を継続的に受け取ることが可能ですので、長期投資が適しています。

・安定した収益が見込める
キャピタルゲインは値動き次第で大きな損失を出す可能性がありますが、インカムゲイン狙いの場合は価格が変動しても得られる収益は基本的には変わりません。
そのため、安定した収益を見込むことが可能です。
ただし、例えば株式投資の場合は業績により配当金が減る場合や、無くなる事はあります。

続いてデメリットは以下の点があります。

・短期的な利益は見込めない
キャピタルゲインと比べて、インカムゲイン狙いの投資は短期間での利益は限られています。
配当金を筆頭に、家賃収入や利息などのインカムゲインとして得られる収益は時期が決まっており利益を得るのにそれなりの時間を要します。

・大きなリターンは得にくい
インカムゲイン狙いの投資は、配当金を筆頭に保有している資産の数パーセント程度が基本です。
そのため、リターンにおいても比較的コツコツ積みあげていくものですので短期で大きなリターンは得にくいと言えます。

・保有している資産の価値自体は変動する
インカムゲインは資産を保有しながら利益を得る事が可能です。
ですが、その保有している資産の価値自体は変動します。
資産価格が大きく下落する事で、インカムゲインを得ていたとしても総合的に元本割れする可能性はあります。

総じて、インカムゲイン狙いの投資はローリスクローリターンでコツコツ利益を積み上げていく投資となります。

 

インカムゲインメモ

・インカムゲインのメリットは『安定』して『継続的』に利益を狙える点
・デメリットは『短期的』に『大きな利益』は見込みにくい点
・インカムゲイン狙いの投資はローリスクローリターン

 

キャピタルゲインとインカムゲインの比較

上記までのメリット・デメリットを踏まえてキャピタルゲインとインカムゲインを簡単に比較してみます。

キャピタルゲイン インカムゲイン
特徴 資産を売却して得る利益 資産を保有することで得られる利益
利益発生の
タイミング
資産の売却時 資産保有中に継続的に発生
リスク 大きめ 小さめ
時間効率 良い 悪い
利益性 大きめ 小さめ

以上のことから、収益性としてはキャピタルゲインに軍配があがります。

ただし、インカムゲインは安全資産として優秀です。

どちらが良いというわけではなく、それぞれの性質を理解して自身にあった投資を行いましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事
博展|『“サステナビリティ”視点が必須となる、これからのイベント』 MICE※・イベント関係者限定 特別プログラム “Sustainable Event Professional Forum”を初開催 ~サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜 内で株式会社セレスポと共同主催~
開催
博展|『“サステナビリティ”視点が必須となる、これからのイベント』 MICE※・イベント関係者限定 特別プログラム “Sustainable Event Professional Forum”を初開催 ~サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜 内で株式会社セレスポと共同主催~
概要 イベントを中心に企業の体験型マーケティング活動を支援する株式会社博展(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口徳久、以下「当社」)は、...