インデックス投資とは何か?わかりやすく解説

インデックス投資とは

インデックス投資(読み方:いんでっくすとうし)

 

インデックス投資とは、インデックスと連動した値動きを目指す投資手法のことです。

わかりやすく説明すると、個別株(特定の企業)に投資するのではなく、市場全体の値動きに投資するのがインデックス投資です。

そもそもインデックスとは何かと言うと、市場の値動きを示す指数のことをいいます。
このインデックスは、市場全体の動向を示す指数として、多くの投資家が参考にしているものです。

代表的なインデックスとして、日本株式なら「日経平均株価」や「TOPIX(東証株価指数)」、米国株式なら「NYダウ(ダウ平均株価)」や「S&P500指数」、「ナスダック総合指数」などの株価指数があります。

こうしたインデックスと連動した値動きを目指すのがインデックス投資となります。

インデックス投資のやり方

実際にインデックス投資を行う場合は、インデックスと連動した値動きになるように設計されたインデックス型の「投資信託」や「ETF(上場投資信託)」を購入します。

インデックス型の投資信託やETFは「インデックスファンド」とも呼ばれています。

インデックス型の投資信託は、インデックスと連動した値動きになるように設計されているので、対象のインデックスが上昇すると投資信託の価格も上昇し、反対にインデックスが下落すると投資信託の価格も下落します。

そのため、インデックス型の「投資信託」や「ETF(上場投資信託)」を購入するだけで、簡単にインデックス投資を始めることができます。

また、インデックス投資は日経平均株価などの株価指数のほか、債券やREIT(リート)、全世界の株式市場の値動きを対象にしたものなど色々とありますので、手軽に広範囲に分散投資することができます。

 

インデックス投資メモ

・インデックス投資とは、インデックスと連動した値動きを目指す投資手法のこと
・わかりやすく言うと、日経平均株価など市場全体の値動きに投資する手法
・インデックス投資は「投資信託」や「ETF(上場投資信託)」を購入するだけで簡単に始められる
・株価指数だけでなく、債券やREIT、全世界の株式市場の値動きを対象にしたものもある

 

インデックス投資のメリット

インデックス投資には様々なメリットがあります。

・簡単に分散投資できる
・個別株に比べて手間がかからない
・積立投資や少額投資もできる

ひとつずつ解説していきます。

簡単に分散投資できる

インデックスファンドは、対象となるインデックスと連動した値動きをするように、複数の銘柄を組み入れて運用されています。

例えば、日経平均株価は東証一部に上場する代表的な225銘柄の株価をもとに算出されているので、日経平均株価に連動するインデックスファンドも225銘柄の中から複数の銘柄を組み入れて運用します。

そのため、インデックスファンドをひとつ購入するだけで、複数の銘柄に分散して投資しているのと同じ効果を得ることができます。

分散投資を行うことで、価格変動のリスク等を軽減することができるといったメリットも生まれます。

個別株に比べて手間がかからない

個別株に投資する場合、投資する前はもちろん、個別株を購入した後も

・業績はどうなっているのか
・財務状況は問題ないか
・事業内容に成長性はあるか
・何か新しい情報は発表されてないか

など常に情報収集をしなければなりません。

しかし、市場全体に投資するインデックス投資であれば、インデックスファンドごとに銘柄は決まっているので、銘柄選びで悩む必要はないですし、個別銘柄ごとのニュース等であたふたすることもないです。

また、個別株に集中投資した場合、その銘柄が下落することで大きな損失となってしまうこともありますが、インデックス投資は分散効果がありますので、ひとつの銘柄が下落しても全体でリスクを軽減されることが期待できます。

積立投資や少額投資もできる

インデックス投資は少額から始められるところもメリットのひとつです。

最近は1株から購入できるところもありますが、個別株は基本的に「単元株数」が決まっているため、投資額が大きくなりやすいです。

しかしインデックス投資の投資信託やETFなら数百円から投資することができます。
証券会社によっては100円から始めることができるので、この点はメリットのひとつです。

また、投資信託などは自動積立などもできるので購入する手間も省くことができます。

積立投資とは、毎月や毎週といったように任意の期間を設定して、定期的に一定の金額を投資していく手法のことです。
積立投資は購入する手間を減らすだけでなく時間分散にもなります。

インデックス投資のデメリット

インデックス投資にはメリットがある一方でデメリットも存在します。

・個別株に比べると大きなリターンは見込めない
・短期投資には不向き
・元本割れの可能性がある

ひとつずつ解説していきます。

個別株に比べると大きなリターンは見込めない

インデックス投資は市場全体の値動きに投資するものです。

そのため、インデックスファンドの組入銘柄の一部が値下がりしても、全体でカバーされるのでリスクが軽減され、安定した運用ができるというメリットがあります。

しかしこれはリターンの面でも同じ効果となりますので、組入銘柄の一部が大きく値上がりしても、全体で値下がりしてしまったら相殺されてしまいます。

個別株投資は、このように相殺されることはないので大きなリターンを見込めますが、インデックス投資ではこうした分散効果があるので、個別株投資に比べると大きなリターンを見込めません。

短期投資には不向き

インデックス投資は、日経平均株価などのインデックスと連動した値動きを目指す投資となっており、対象となるインデックス以上のリターンを望むことはできません。

インデックスは、個別株に比べると比較的穏やかな値動きとなっているため、短期で大きな利益を望むことはできず、基本的には長期投資でじっくり利益を狙う手法となります。

元本割れの可能性がある

インデックス投資は、個別株投資に比べると安定した運用ができます。

しかし、個別株やその他の投資商品と同じように、インデックス投資であっても元本割れの可能性はあります。

実際に運用する際は、このあたりのリスクも考慮したうえで行うようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
ツナググループ・ホールディングス|asegonia、ベトナム現地優良送り出し機関2社と提携し特定技能のベトナム人活用を推進 =現地労働者派遣協会から 5 つ星評価を受ける「ハイフォン株式会社」及び 累計 50,000 人の送出実績を持つ「スレコ海外実習生・技術者派遣サービス株式会社」と提携=
提携
ツナググループ・ホールディングス|asegonia、ベトナム現地優良送り出し機関2社と提携し特定技能のベトナム人活用を推進 =現地労働者派遣協会から 5 つ星評価を受ける「ハイフォン株式会社」及び 累計 50,000 人の送出実績を持つ「スレコ海外実習生・技術者派遣サービス株式会社」と提携=
概要 当社連結子会社で、ベトナムを中心に外国人材採用事業を展開する株式会社 asegonia(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上義設...