ギャップダウンとは何か?わかりやすく解説

ギャップダウンとは

ギャップダウン(読み方:ぎゃっぷだうん)

 

ギャップダウンとは、前日終値よりも当日始値が低い水準で寄り付くことをいいます。
英語表記は「Gap Down」となり、略して「GD」と呼ぶこともあります。

わかりやすくギャップダウンをチャートで確認してみましょう。

 

 

上記チャートのように前日終値と比べて、大きく値を下げてスタートした状態が「ギャップダウン」となります。

ギャップダウンの「ギャップ」は、言葉の通り、前日終値と当日終値の隙間のことです。
上記チャートを見てもわかるように、前日のローソク足と当日のローソク足の間に売買されていない価格帯があります。
これをギャップといいます。

このギャップは「窓」と呼ばれることもあります。
ギャップが生じることを「窓開け」といい、ギャップダウンの場合は「下に窓をあける」などと言ったりします。
他には、当日始値が前日終値から下に大きく放れることから「下放れ」と言われることもあります。

ダウンは文字通り、前日よりも当日の価格がダウンとしていることを意味します。
反対に前日よりも当日の価格がアップしている(前日終値よりも当日始値が高い水準で寄り付く)場合は「ギャップアップ」といいます。

 

ギャップダウンメモ

・ギャップダウンとは、前日終値よりも当日始値が低い水準で寄り付くこと
・英語表記は「Gap Down」となり、略して「GD」と呼ぶこともある
・ギャップダウンすることを「下に窓をあける」や「下放れ」と言うこともある

 

ギャップダウンはなぜ起こる?

ギャップダウンする理由は、簡単に説明すると「売り注文が殺到するから」です。

当日始値は、前日終値をそのまま使うのではなく、寄り付きまでの注文状況によって決まります。
売り注文が殺到したりすると、それに対する買い注文が少ない状態になるので、なかなか取引が成立せずにどんどん気配値が下がっていきます。

そのため、前日終値より当日始値が低い水準で寄り付くことになります。

売り注文が殺到する理由については様々な要因が考えられます。

例えば、企業が増資を発表すると株式の希薄化や需給懸念から売りが殺到しやすくなったり、下方修正の発表によって先行き警戒感から売られやすい状況になったりします。
そういう状況になるとギャップダウンすることがあります。

他には、米国などの海外市場の影響を受けて、相場全体が下落するような場合もギャップダウンは起こります。
株価は様々な要因で変動するので、企業が発表する情報はもちろん、海外市場の動向なども注目しておくと良いでしょう。

 

ギャップダウンメモ

・ギャップダウンは売り注文が殺到したり、売り注文に対する買い注文が少ない時に発生するもの
・増資や下方修正など、いわゆる悪材料が出た時にギャップダウンすることがある
・他には、海外市場の影響を受けてギャップダウンするケースもある

 

ギャップダウンを活用した投資法

ギャップダウンは、投資判断をするときに役立てることができます。

ギャップダウンの基本的な見方としては、買いより売りが多い時に発生するので「売りが強い」と判断できます。
そのため、ギャップダウンを下降トレンドへの転換点や売りサインにすることができます。

代表的なパターンとしては「ブレイクアウト」があります。

ブレイクアウトは、節目となるラインを突き抜けて、値下がり(値上がり)することをいいます。
例えば、レンジ相場(ボックス相場)の時に、ギャップダウンによってレンジを下抜けすると下降トレンドへの転換が期待できます。

ただ、ギャップダウンしたからといって、必ず下降トレンドになるとは限りません。
下落すると見せかけてすぐに上昇に転じるケースもあります。
いわゆる「だまし」のことですが、この点は注意が必要です。

ギャップダウンと窓埋め

ギャップダウンを活用した投資法として、窓埋めを狙った逆張り手法があります。

ギャップダウンは売り注文が殺到した時に起こるものですが、先ほど説明したようにある程度下げた後はリバウンドすることもよくあります。
このときにギャップダウン前の水準まで株価が戻る動きを「窓埋め」といいます。

ギャップダウンした理由によっては、直ぐに窓埋めすることもあるので、そういうケースでは逆張りで利益を狙うこともできます。

レンジ相場内でギャップダウンした場合などは、比較的早い段階で窓埋めすることもあります。

酒田五法では「三空叩き込み」

有名なテクニカル分析手法として「酒田五法」というものがありますが、その中に「三空叩き込み」というチャートパターンがあります。

三空叩き込みとは、下に3回連続で窓開けした形のことです。
一見すると売りが強いように見えますが、酒田五法では3回連続で下に窓開けした場合、売りの最終局面として「反転サイン」という見方がされています。

このようにギャップダウンは売り(順張り)、買い(逆張り)のどちらの投資判断をするときにも役立ちます。

また、ギャップダウンだけで判断すると「だまし」もあるので、ギャップダウンした理由や出来高の増減、板の状況なども確認したうえで総合的に判断するようにしましょう。

ギャップダウン株の見つけ方

ギャップダウンは、前日終値よりも当日始値が低い水準で寄り付くことです。

そのため、株価が寄り付く時間(東証は朝9時)に値下がりランキングを確認することで、ギャップダウン株を見つけることができます。
基本的に朝一番で値下がりランキング上位にある銘柄はギャップダウンしている可能性が高い銘柄となります。

ただし、全ての銘柄が一斉に寄り付くわけではありません。
売り注文が殺到したりすると、なかなか約定せずに寄り付くまで時間がかかることもあります。
ですからギャップダウン狙いの場合は、朝9時以降に値下がりランキングを何度かチェックすると良いでしょう。

また、証券会社の取引ツールによっては「ギャップダウン率ランキング」を見ることができます。
例えば、SBI証券の株アプリでは次のように表示されています。

 

 

1.マーケットをタップ
2.ランキングをタップ
3.ギャップダウン率を選択

これでギャップダウン率ランキングを確認することができます。
どれくらいギャップダウンしているのかを一目で確認できるので、利用しているアプリやツールで見れる場合はこちらからチェックするのも良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事