PCFRとは何か?わかりやすく解説

PCFRとは

PCFR(読み方:ぴーしーえふあーる)

 

PCFRとは、「Price Cash Flow Ratio」の略で、日本語では「株価キャッシュフロー倍率」といいます。
株価を1株あたりのキャッシュフローで割って算出されます。

PCFRが何を表しているかと言うと、株価が1株あたりのキャッシュフローに対して何倍なのかを表しています。

株価が割安かどうかを判断する指標で、基本的に同業他社などと比較して、PCFRが「高いほど割高」「低いほど割安」と判断します。

PCFRは、単体で利用することもできますが、補完的な指標として「PER」などと併用することが多いです。

例えば、好業績の企業が積極的に設備投資を行っている場合、しっかりと稼ぎがあってもPERが高くなってしまうことがあります。
これは設備投資で減価償却費が増加し、利益が減少してしまうからです。

ですが、設備投資を積極的に行っている企業は将来の成長性に期待ができます。
PERのみで見るとそういう銘柄を見落としてしまう可能性があるので、その点を補うためにPCFRを併用していきます。

PERは利益を使って算出しますが、利益は減価償却費を差し引いたものになります。
一方で、PCFRのキャッシュフローは減価償却費を加えたものとなっているため、設備投資を行うとキャッシュフローは増加し、PCFRの数値は低くなり割安と判断することができます。

また、PCFRはキャッシュフローで算出するため、減価償却方法が異なる企業の比較が可能となります。
国ごとに異なる会計基準の影響を受けにくいことから、企業の国際比較を行うときにも利用されます。

PCFRの目安や判断

PCFRには明確な目安がありません。
それではどのようにして判断すれば良いのでしょうか。

基本的な方法として、次の判断方法があります。

・同業他社のPCFRと比較
・業種平均のPCFRと比較
・市場平均のPCFRと比較
・銘柄の過去のPCFRから比較

業種によって、設備投資の額は大きく異なることもあるので、基本的には同業他社・業種平均と比較して判断を行います。

 

キーワードメモ

・PCFRとは「Price Cash Flow Ratio」の略で、日本語では「株価キャッシュフロー倍率」と言う
・株価が1株あたりのキャッシュフローに対して何倍なのかを表した指標
・同業他社と比較して株価が割安かどうかを判断できる
・PCFRは単体で使うよりも、他の指標と併用することが多い
・明確な目安はなく、同業他社と比較して割安性を判断する

 

PCFRの計算式

PCFRは、株価を1株あたりのキャッシュフロー(または時価総額をキャッシュフロー)で割って算出します。

一般的な計算式は次のとおりです。

株価 ÷ 1株あたりのキャッシュフロー = PCFR
または
時価総額 ÷ 営業キャッシュフロー = PCFR

1株あたりのキャッシュフローは「営業キャッシュフロー÷発行済み株式数」で算出します。

簡便的な方法として、キャッシュフローを次のように算出することもあります。

当期純利益 + 減価償却費 = キャッシュフロー

PCFRを簡単に確認する方法

PCFRは銘柄ごとに計算しなくても、以下の方法で簡単に確認することができます。

・証券会社(取引ツール)で確認する
・PCFRをスクリーニングする

証券会社(取引ツール)で確認する

利用する証券会社(取引ツール)によっては、PCFRを簡単に確認することもできます。

例として、楽天証券の「iSPEED」で確認してみましょう。

 

 

個別銘柄画面で「指標」→「財務(連)」を選択し、少し下へ移動すると確認することができます。

PCFRをスクリーニングする

PCFRで銘柄検索するときは、スクリーニング機能を使うと便利です。
スクリーニング機能とは、自分が指定した条件で銘柄を検索できる機能のことです。

例として、楽天証券の「iSPEED」で確認してみましょう。

1.検索からスーパースクリーナーを開く
2.検索条件追加を選択する
3.検索条件「財務」から「PCFR」を選択して条件追加をする
4.PCFRの数値を調整して銘柄検索

これでPCFRのスクリーニングが可能です。
検索直後はPCFRが表示されていないので、画面右上の「銘柄コード」をタップします。

 

 

後はPCFR(株価キャッシュフロー倍率)を選択して決定をタップするとPCFRが表示されます。

 

 

検索条件追加で「PER」や「業種」等も追加入力するとさらに絞り込むこともできるので、PCFRで銘柄検索をするときはスクリーニング機能を活用するとよいでしょう。

PCFRランキング

日経225採用銘柄のうち、「高PCFR」と「低PCFR」を10銘柄ずつ紹介します。
2020/11/25時点のスクリーニング機能の検索結果を基に作成しています。

高PCFRランキング

銘柄コード 会社名 PCFR
2413 エムスリー 205.38
5803 フジクラ 178.28
4324 電通グループ 58.15
4519 中外製薬 43.05
4568 第一三共 42.68
6954 ファナック 42.62
6506 安川電機 40.31
5541 大平洋金属 36.96
4751 サイバーエージェント 35.93
9983 ファーストリテイリング 32.82

低PCFRランキング

銘柄コード 会社名 PCFR
9501 東京電力HLDG 0.98
3863 日本製紙 1.81
4902 コニカミノルタ 2.15
9503 関西電力 2.31
5202 日本板硝子 2.41
9104 商船三井 2.56
4004 昭和電工 2.58
9101 日本郵船 2.63
4188 三菱ケミカルHLDG 2.91
9502 中部電力 2.92

PCFRは株価水準をはかる指標ですが、必ずしも「高PCFRだから割高」「低PCFRだから割安」というわけではありません。
ですから他の指標や業績等もしっかりと確認したうえで最終的な投資判断をするようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事