公募割れとは何か?わかりやすく解説

公募割れとは

公募割れ(読み方:こうぼわれ)

 

公募割れとは、上場後の株価が公募価格よりも低くなってしまうことをいいます。

一般的に、上場後に初めて付く株価(初値)が公募価格を下回る場合に使われる言葉ですが、それ以降の株価が初めて公募価格を下回った場合においても「公募割れ」ということがあります。

公募割れすると、株価が公募価格よりも低い状態となるので、公募価格で株を購入した場合は損失を抱えた状態になります。

IPOの場合は初値が公募価格を上回るケースも多いですが、公募割れもゼロではありません。
2019年と2018年は1割程度が初値で公募割れを起こしていますし、2020年に関しては公募割れ件数も増加しています。
ですから、IPO等に参加して公募価格で株を買う場合、「公募割れ」のリスクも念頭において申し込みすることが大切です。

 

公募割れメモ

・公募割れとは、上場後の株価が公募価格よりも低くなってしまうことをいう
・一般的に初値が公募価格を下回る場合に使われる
・公募価格で株を買う場合は、公募割れのリスクも考慮して購入することが大切

 

2020年の公募割れしたIPO銘柄

2020年のIPO株は公募割れが目立ちます。
以下、2020年3月・4月に上場した銘柄のうち、公募割れとなったIPO株となります。

 

銘柄 公募価格 初値
7317
松屋アールアンドディ
910 838
7094
NexTone
1700 1660
5071
ヴィス
820 754
5690
リバーホールディングス
960 720
5368
日本インシュレーション
940 869
4492
ゼネテック
1700 1620
5070
ドラフト
1580 1221
7688
ミアヘルサ
2330 1748
7091
リビングプラットフォーム
3900 3550
7687
ミクリード
890 818
6231
木村工機
2400 2050
7089
フォースタートアップス
1770 1628
7090
リグア
1950 1910
4490
ビザスク
1500 1310
7088
フォーラムエンジニアリング
1310 1030
7086
きずなホールディングス
2320 2220
7085
カーブスホールディングス
750 670

 

公募割れ銘柄のその後について

「公募価格で買い、初値で売る」という考え方の場合、公募割れはネガティブな要素になります。

ですが、公募割れしたからといって、ただひたすら下げ続けるとは限りません。

たとえば、2020年4月6日に上場した【7317】松屋アールアンドディの場合、「公募価格は910円」でしたが「初値は838円」で公募割れとなりました。翌7日には「年初来安値805円」を付けています。

ですが、その後の株価は以下のように大きく伸ばしています。

 

 

4月7日には年初来安値805円を付けましたが、その後は高騰して4月21日には年初来高値3,175円まで上昇しています。

公募割れにはなったものの、結局公募価格から約3.5倍まで株価を伸ばしました。

「公募価格で買い、初値で売る」というスタンスで投資をする場合、公募割れはネガティブでしかありませんが、このように公募割れ後に大きく株価を伸ばすケースもあります。

公募割れする銘柄は「人気が無い銘柄」と言われることもありますが、地合いなども関係したりするので、公募割れ後に高騰する可能性も十分あります。

ただ、そのまま底値近辺で推移したり、さらに下値を試す展開となり損失が拡大することもあります。
ですから公募割れ後の高騰を狙う場合は、この点も考慮して取引することが大切です。

 

公募割れメモ

・公募割れのその後についてはケースバイケース
・底値近辺で推移したり下値を試すようなケースもあるが
・公募割れしたところが底値となって高騰するケースもある
・そのため、公募割れは売り材料にも買い材料にもなりえる

 

スポンサーリンク
おすすめの記事