売り長とは何か?わかりやすく解説

売り長とは

売り長(読み方:うりなが)

 

売り長とは、信用取引において、信用売り残高が信用買い残高を上回る状態のことです。「上長(うわなが)」と呼ぶこともあります。

もう少し簡単に書くと、売り長は「信用売り残高のほうが多い状態」を指しています。
信用売り残高が多いということは、株価が下がると考えている人が多いということです。
ただ、「信用売り残高が多い=株価が下がる」というわけではありません。

信用取引はいずれ返済しなければなりませんので「信用売りが多い=潜在的買い圧力が多い」ということにもなり、踏み上げが期待されることのほうが多いです。

反対に信用買い残高が信用売り残高を上回る状態を「買い長(かいなが)」や「下長(しもなが)」といい、「信用買いが多い=潜在的売り圧力が多い」ということになります。

通常は買い長であることが多いですが、さまざまな要因で売り長になることがあります。

売り長と買い長は「信用倍率(貸借倍率)」を確認するとすぐにわかります。
信用倍率が1倍よりも高い場合は「買い長」、信用倍率が1倍よりも低い場合は「売り長」となります。

 

売り長メモ

・売り長は「信用売り残高のほうが多い状態」のこと
・買い長は「信用買い残高のほうが多い状態」のこと
・売り長の場合は「潜在的売り圧力」となり、会長野場合は「潜在的買い圧力」になる

 

売り長の影響とは

売り長になると、株価や取引に影響を及ぼすこともあります。
具体的には、以下のようなものがあげられます。

・逆日歩
・売り禁
・踏み上げ

逆日歩

信用売り残高のほうが多くなると「逆日歩」の発生リスクが高まります。
逆日歩が発生すると売り方の負担するコストが増加することになるので、この点は注意したいポイントです。

売り禁

ほかには「売り禁」になる可能性が高まります。
信用売り残高のほうが多いということは、それだけ空売りしている人が多いということです。
そうなると信用取引に必要な貸株が不足してしまうので「売り禁」になります。
売り禁になると新規の信用売りができなくなるので取引に大きな影響を与える可能性があります。

踏み上げ

先ほど説明したように、売り長になると「逆日歩」が発生することもあります。
そうなると売り方の負担するコストが増加することになるので、逆日歩の負担を回避するために買い戻しする人が増えます。また、損失の拡大を回避するための買い戻しもあります。

そういう買い戻しが増えると「踏み上げ」に期待できます。

踏み上げになると株価は上昇するので、買い方にはプラスの影響を与えることになります。

但し、踏み上げによる株価の上昇は一時的な場合が多く、ひと段落すると急落することもあります。

売り長銘柄(最終更新日2020/06/23)

売り長銘柄は沢山ありますので、そのうち、前週比で増加率が高かった10銘柄を紹介します。

 

【4689】Zホールディングス
信用売残 5,500,100
(前週比:+1,671,300)
信用買残 4,201,400
(前週比:-462,300)

 

【9984】ソフトバンクグループ
信用売残 10,292,600
(前週比:+1,299,000)
信用買残 7,458,300
(前週比:+390,300)

 

【4091】大陽日酸
信用売残 1,384,600
(前週比:+1,241,600)
信用買残 134,700
(前週比:-10,900)

 

【2702】日本マクドナルドホールディングス
信用売残 3,773,700
(前週比:+1,001,300)
信用買残 225,500
(前週比:+57,700)

 

【3197】すかいらーくホールディングス
信用売残 6,332,800
(前週比:+394,600)
信用買残 760,700
(前週比:-223,300)

 

【6326】クボタ
信用売残 1,202,900
(前週比:+338,200)
信用買残 433,100
(前週比:-24,700)

 

【3387】クリエイト・レストランツ・ホールディングス
信用売残 1,376,600
(前週比:+317,600)
信用買残 617,400
(前週比:+22,500)

 

【2982】ADワークスグループ
信用売残 424,500
(前週比:+289,900)
信用買残 195,800
(前週比:+14,200)

 

【8410】セブン銀行
信用売残 3,893,000
(前週比:+286,200)
信用買残 2,147,400
(前週比:-306,300)

 

【9603】エイチ・アイ・エス
信用売残 2,181,300
(前週比:+275,500)
信用買残 1,808,100
(前週比:-158,800)

 

スポンサーリンク
おすすめの記事