耐久財受注とは何か?わかりやすく解説

耐久財受注とは

耐久財受注(読み方:たいきゅうざいじゅちゅう)

 

耐久財受注とは、製造業を営む米国内の企業の耐久財の受注状況を表した経済指標のことです。
耐久財とは、耐久年数が3年以上の消費財のことで、代表的なものとして自動車や航空機、家具や機械、パソコンなどがあります。

耐久財受注は、米商務省経済分析局が米国内の製造業約4000社を対象に耐久財の出荷・在庫・新規受注・受注残高を調査してまとめた数値となります。

関連する経済指標の「製造業新規受注」は月初に前々月分が発表されますが、耐久財受注は毎月下旬に前月分の速報値が発表されるため、速報性が高く、設備投資の先行指標として注目されています。

中でも変動率の大きい輸送用機器を除いた非国防資本財受注の注目度が高いです。

耐久財受注の見方

耐久財受注は、その数値が上昇しているか下落しているかで、米国内の製造業の景気動向を判断することができます。

具体的には、耐久財受注の数値が上昇していれば、設備投資などが進んでいることを示しており、景気が向上しているという見方がされます。
反対に耐久財受注の数値が下落していれば、設備投資などが停滞しており、景気が減速しているという見方がされます。

このように耐久財受注は景気の動向を予想する時に役立つ指標となります。

ただ、数値が上昇している場合でも、伸びが鈍化すると景気減速と見られることもありますし、市場予想に対して結果が良いか悪いかでも見方は変わってきます。

耐久財受注による為替や株価への影響

耐久財受注は為替や株価にも影響を与える可能性がある指標です。

基本的な考えとして、耐久財受注の数値が上昇している時は米国の景気が向上していると判断されるため、ドルが買われやすくなる傾向があります。
また、景気が向上しているというで、企業の業績拡大などにも期待ができるため、株高の要因にもなり得ます。

一方で数値が下落している時は、米国の景気が減速していると判断されるため、ドルが買われにくくなる傾向があります。
株価に対しては景気減速で業績悪化懸念が生まれたりするので、マイナス要因になる恐れがあります。

注目される経済指標のひとつとなっているので、どのような結果でどのような反応になるのかという点は覚えておくといいでしょう。

ただし、為替や株価はさまざまな要因で変動するものです。
耐久財受注の結果が良くてもドルが売られたり株価が下落することは当然あります。
そのため耐久財受注の結果ばかりに注目するのではなく、その他の要因なども加味した上で最終的な投資判断は行いましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事