ジャンピングキャッチ(JC)とは何か?わかりやすく解説

ジャンピングキャッチ(JC)とは

ジャンピングキャッチ(読み方:じゃんぴんぐきゃっち)

 

ジャンピングキャッチとは、株価が勢いよく上昇してる時に飛びつくように株を買うことをいいます。

英語にすると「jumping catch」となり、その頭文字をとって「JC」と略されることが多いです。

ジャンピングキャッチをすると、結果として「高値掴み」となってしまうことも多いです。

高値掴みとは、株価が上昇しているときに、さらに上昇すると予測して株を買ったものの、その後は下落してしまい、結果的に高値で買ってしまうことをいいます。

そのため、「ジャンピングキャッチ=高値掴み」という意味合いで使われることもあります。

 

ジャンピングキャッチ(JC)メモ

・ジャンピングキャッチとは、株価が勢いよく上昇してる時に飛びつくように株を買うこと
・英語にすると「jumping catch」となり、その頭文字をとって「JC」と略されることが多い
・「ジャンピングキャッチ=高値掴み」という意味合いで使われる

 

ジャンピングキャッチ(JC)は高値掴みになるリスクがある

ジャンピングキャッチの一番のリスクは「高値掴み」です。

株価が勢いよく上昇していくと「もっと上がるのではないか」「このチャンスを逃してはいけない」と思い、いち早くその株を買おうという心理が働きます。

そうなると急上昇してるにもかかわらず、そのまま勢いに乗って株を買ってしまったりします。

もちろんジャンピングキャッチの全てが高値掴みになるとは限りません。

そのまま上昇が続いて大きな利益を得られることもあります。

しかし、急激に株価を伸ばした後は利益確定売りなども増えてくるので、多くの場合は急落するものです。

ですので急騰してる時に安易にジャンピングキャッチしてしまうと、結果として「高値掴み」となってしまい、大きな損失を被ることもあります。

ジャンピングキャッチで失敗しないためには

ジャンピングキャッチは、高値掴みというリスクがある一方で、大きな利益につながることもあります。

それではジャンピングキャッチで失敗しないためにはどうしたらよいのでしょうか。

利益確定をする

ジャンピングキャッチは結果的に高値掴みになることが多いですが、その原因は「利益確定をしないから」です。

ジャンピングキャッチは、株価が急騰してる時に行うことが多いですが、そういう値動きを見ていると「このまま上昇が続くのでは」という期待感から一度に大きな利益を狙う人も多いです。

しかし株価の急騰後は急落することも多く、せっかくの含み益が一気に含み損に変わることもあります。

そのため、一度で大きな利益を狙うのではなく、小さな利益を積み重ねるイメージでトレードしたり頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言があるように、ある程度利益が出たところで利益確定をする、ということを意識すると高値掴みのリスクを減らせる可能性が高くなります。

損切りする

また、ジャンピングキャッチで失敗しないためには損切りすることも大切です。

損切りする時点で失敗と思うかもしれませんが「大きな失敗にするか」「小さな失敗で止めるか」は重要なポイントとなります。

株価が上がるのか、それとも下がるのかを正確に予測することは誰にもできませんから、ジャンピングキャッチすると常に高値掴みのリスクがあります。
もしもそうなった時に直ぐに損切りできるかどうかで損益状況は大きく変わります。

ジャンピングキャッチする時は株価が上がると思って買うので、多少下がったところで「直ぐに戻るだろう」と根拠のない期待を持ったりします。
そのため、損切りの判断が遅れてしまい、大きな損失となったり、塩漬け状態になってしまいます。

ですので、ジャンピングキャッチする時は過度の期待を持たず、「逆指値注文」を活用するなどして常に損切りも意識してトレードに臨むのが良いといいでしょう。

分析能力を身に付ける

利益確定や損切りも大事ですが、やはり一番は分析能力を身に付けることです。

「株価が急騰した!更に上がるかも!」と勢いで買うのではなく、

・株価が上がった理由は何か
・本当に急騰するほどの内容なのか
・現在の株価は買われ過ぎではないか

などを分析した上でトレードに臨むことでジャンピングキャッチで失敗する可能性は低くなると思います。

例えば、ある企業が上方修正を発表したとしましょう。

基本的には上方修正は好材料となるので株価が上昇しやすいです。

しかし、既に市場で織り込んでいた場合、発表直後は上昇するものの、その後は以前から保有していた人の利益確定売りによって急落することもあります。

しっかりと業績等の分析ができていれば、この急落に直撃することは避けられますし、安くなったところで買いを入れることもできます。

ですから分析能力を身に付けることが失敗しない一番の近道かもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事