ストックオプションとは何か?わかりやすく解説

ストックオプションとは

ストックオプション(英:Stock Option

 

ストックオプションとは、取締役や従業員が予め決められた価格で自社株を購入できる権利です。
企業が自社の使用人(従業員等)に付与するもので、報酬制度の1つとして導入されています。

仕組み等は後述しますが、ストックオプションを付与された従業員等は、将来の株価の値上がりによって利益を得ることができます。
株価の値上がりは「=業績の向上」であるため、ストックオプションを付与することで、従業員等の業績向上意欲や士気を高めることができます。

また、ストックオプションと似たもので「新株予約権」があります。

新株予約権とは、予め決められた条件で、発行した企業の株式を取得できる権利のことをいいます。
ストックオプションとよく比較されることもあるのですが、新株予約権はストックオプションや新株引受権などの総称です。
つまり、ストックオプションは新株予約権の一種と言えます。

ただ、新株予約権=ストックオプションではありません。
ストックオプションは、自社の使用人(従業員等)に付与する新株予約権のことで、権利付与の対象となる者が自社の使用人(従業員等)に限定されています。
しかし新株予約権(ストックオプション以外)は、第三者(自社の使用人以外)に付与することもできます。

ですから「新株予約権=ストックオプション」とならないように、この点は覚えておくと良いでしょう。

 

ストックオプションメモ

・ストックオプションは従業員等に付与されるもの
・自社株を予め決められた価格で購入できる権利
・ストックオプションは新株予約権の一種

 

ストックオプションの仕組み

ストックオプションは前述したとおり、予め決められた価格で自社株を購入できる権利です。
予め決められた価格を「権利行使価格」、権利を実行することを「権利行使」といいます。

ストックオプションは従業員等の意欲や士気を高めるために導入される報酬制度となっています。
それではどのようにして利益を得られるのか、ストックオプションの仕組みを確認していきましょう。

基本的な流れは以下のようになります。

  1. 権利付与:企業が従業員等に対してストックオプションを付与。
    企業が従業員に対して、自社株を1株500円で購入できる権利を与えます。
    従業員は、この権利を利用して、株価の上昇によって大きな利益を得られるようになります。
    但し、権利行使をするには行使条件を満たす必要があります。
    ですから従業員は今まで以上に仕事を頑張るようになります。
  2. 権利行使・株式交付:ストックオプションを付与された従業員は、株価が上昇した時に権利行使をして権利行使価格で自社株を購入。
    従業員が仕事を頑張ったことで、会社の業績は向上し、自社株は1株1,500円まで上昇しました。
    行使条件もクリアしたので、従業員はここで権利行使をして1株500円で、1株1,500円の自社株を手に入れます。
    仮に200株購入した場合は、時価30万円の自社株を10万円で取得できます。
  3. 株式売却:株式市場で自社株を売却することで、権利行使価格と時価の差額を利益として受け取ることができる。
    10万円で取得した自社株を30万円で売却できるので、20万円の利益を受け取ることができます。

株式を安い時に購入するのと同じに感じる人もいると思いますが、ストックオプションは放棄すれば権利が消滅します。
つまり、株価の上昇で利益を得ることができ、下落では損をすることがないのです。
一方で株式の場合は、上昇で利益を得ることはできますが、下落した時は損失が生まれることになります。

株価は必ず上昇するものではありませんから、下落した時の損失の有無、この点が大きな違いになるでしょう。

 

ストックオプションメモ

・株価が上昇した時に権利行使をして利益を得られる
・株価が下落した時は権利放棄をすれば損をしない

 

ストックオプションの種類

ストックオプションにはいくつか種類があります。
基本的なところは一緒ですが、種類によって違いもあるので、この点についても確認していきましょう。

・通常ストックオプション
・株式報酬ストックオプション
・有償ストックオプション

通常型ストックオプション

通常型ストックオプションは、通常とあるように最も一般的なストックオプションとなります。
権利行使価格は権利を付与時の時価以上で設定することが多く、株価の上昇により利益を得ることができます。
ここまで説明したストックオプションも、こちらの通常型ストックオプションとなります。

株式報酬型ストックオプション

株式報酬型ストックオプションとは、1円ストックオプションとも呼ばれており、1株あたりの権利行使価格が1円に設定されています。
自社株を無償で付与するのと同等の効果があり、退職金の代わりに利用されることが多いです。

有償ストックオプション

有償ストックオプションとは、文字通り有償で発行されるストックオプションのことです。
一般的な通常型や株式報酬型は無償で付与されるものですが、有償ストックオプションは金銭の払い込みにより付与されます。
そのため、株価の値下がりによって、損失が生まれることもあります。

他にもストックオプションの種類によって、税制面などで異なる点などがあります。

 

ストックオプションメモ

・ストックオプションは無償と有償がある
・無償の場合は損はないが、有償の場合は損をする可能性もある
・種類によって税制面など異なる点がある

 

ストックオプションによる株価の動向

ストックオプションの株価への影響はどうなっているのでしょうか。

結論から言うと、株価への影響はそこまで大きくないことが多いです。

ストックオプションのために新株発行をするケースもあり、株式の希薄化が懸念材料となり一時的に下落することもあります。
しかし増資などに比べると、そこまで大きな影響を与えないことが多いです。

また、ストックオプションを発行する企業は、もともと業績の良い企業だったり、今後の業績が向上すると見込んでストックオプションを発行します。
そのため、業績向上への期待から買われやすくなることがあります。

他にも、ストックオプションは既存の従業員だけでなく、優秀な人材を確保するために活用されることがあります。
優秀な人材を確保できれば、企業の業績にも反映されることになりますから、ポジティブに捉えることもできます。

 

ストックオプションメモ

・ストックオプションが株価へ与える影響はそこまで大きなものではない
・上昇する時もあれば、下落する時もある

 

ストックオプションに関連する用語

  • 自社株買い
  • 新株予約権
おすすめの記事