ROA

ROAとは

ROA(読み方:あーるおーえー)

 

ROAとはReturn On Assetsの略で、訳すると『総資産利益率』という意味になります。
株式には様々な指標がありますが、投資する際に重要視される事が多い指標ですので覚えておいて損はないでしょう。

基本的にROAは高いほうが良いとされており、株価が上がりやすくなります。

ROAが何を指標化したものかと言うと、
『企業が総資産をどれだけ効率的に運用して利益を生み出しているかを表した指標』
となります。

つまり、ROAが高い会社は『事業に投下されているお金を使って効率良く稼いでいる会社』ということです。
逆にROAが低い会社は総資産に対して利益効率が低い会社だという判断がされます。

経営効率が悪い会社には投資資金が集まりにくくなりますので、ROAが高い会社に自然と資金が集まります。
また、ROAはROEと共に米国株では特に重要視されている財務指標とも言われています。

 

ROAメモ

・ROAとは企業が総資産をどれだけ効率的に運用して利益を出しているか表した指標
・ROAが高い会社は『事業に投下されているお金を使って効率良く稼いでいる会社』
・ROAは高いほうが良く、株価も上がりやすい

 

ROAの計算式

ROAの計算式は以下の通りです。

ROAの計算式
当期純利益 ÷ 総資産 × 100 = ROA(%)

当期純利益とは、会社の売上から材料等の仕入原価や人件費などを差し引いた純粋な利益のことです。
簡単に言うと、会社が最終的に稼いだ利益ということになります。

総資産とは会社が持っている全ての資産価値の合計です。
自己資本だけではなく、他人資本(ローンや社債など)も含めたすべての資産となります。

両方の金額は決算書などを見れば確認できます。

 

ROAメモ

・ROA = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100
・当期純利益とは会社が最終的に稼いだ利益
・総資産とは他人資本も含めた会社が持つすべての資産合計

 

ROAの目安

最初にお話した通り、ROAは高いほうが良いです。

一般的には『ROAは5%を超えると優良企業』と言われています。

ただし、ROAは業種により目安は変わってきます。
例えば製造業では平均ROAが低く、IT業などは平均ROAが高いです。

理由としては、製造業等では大規模な設備投資を行ったりしますが、これにより総資産の額が大きくなります。
そのため、必然的にROAは低くなります。

一方で、そのような設備投資があまり必要でないIT業などはROAが比較的高くなる傾向があります。

このように一概にROAは5%以上が良いと判断するわけではなく、業種の性質を加味して総合的に見て投資判断をすると良いでしょう。

 

ROAメモ

・一般的には『ROAは5%を超えると優良企業』と判断される
・ROAは業種により目安は変わってくる
・業種の性質を加味して総合的に見て投資判断をするべき

 

ROAとROEの違い

ROAとよく似た指標として『ROE』というものがあります。
ROEは日本語で「自己資本比率」という意味で、内容も含めてROAと大変似ている指標となります。

RAOとROEは何が違うのか、まずは簡単に比較してみましょう。
まず、双方が何を表している指標かというと、

・ROAは『企業が総資産をどれだけ効率的に運用して利益を生み出しているかを表した指標
・ROEは『企業が自己資本をどれだけ効率的に運用して利益を生み出しているかを表した指標

となります。
続いて、双方の計算式は以下の通りです。

・ROA = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100 
・ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100 

このようにROAとROEはとても良く似ていますが、分母となる部分が『総資産』か『自己資産』かという違いがあります。

ROAは自己資本か他人資本かに関わらず、企業が持つ全ての資産を合計した総資産で計算される指標です。
対してROEは純粋に自己資本だけですので、株主からの資金をどれだけ効率的に活用しているのかを示す指標となります。

つまり、共に収益性を示す指標ではありますが、計算の対象となる資金の範囲が違うということになります。

似てはいますがそれぞれ違う指標となるので、ROAとROEはどちらが重要という差はなくどちらも重要です。

 

ROAメモ

・ROAとROEは分母となる部分が『総資産』か『自己資産』かという違いがある
・共に収益性を示す指標ではあるが、計算の対象となる資金の範囲が違う
・似ているがそれぞれ違う指標なので、どちらが重要という差はなくどちらも重要

 

ROAでの検索やランキング

投資する会社はROAの数値だけで判断するには危険性もあります。
ですが、ROAが重要な指標であることには変わりません。

投資する会社を探すときに、まずはROAから選別していくというのはひとつの方法としては有用でしょう。
ROAから銘柄を探す場合には証券会社などのスクリーニング機能を利用すると便利です。

スクリーニングとは?
スクリーニングとは、多数ある銘柄を様々な条件で絞ることを言います。
例えば『ROAが5%以上で、時価総額が400億円以下の会社』などの条件を設定すると、条件を満たした会社のみを一覧で表示してくれたりします。
各証券会社にて無料で利用できる場合が多いです。

また、YAHOO!ファイナンスなどではROAを高い順でランキング形式にて確認することも可能です。

ROAから銘柄を検索したい場合は利用してみると良いでしょう。

 

高ROA銘柄 一例(最終更新日2020/5/21)

以下で記載する銘柄は、2020年5月21日時点でROAが高い銘柄の一例となります。

ROA コード 銘柄名
38.93% 2930 北の達人コーポレーション
38.93% 4493 サイバーセキュリティクラウド
38.31% 6035 アイ・アールジャパンホールディングス
32.03% 2371 カカクコム
29.27% 6925 ダブルスタンダード
28.63% 6541 グレイステクノロジー

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事