ToSTNeT取引とは何か?わかりやすく解説

ToSTNeT取引とは

ToSTNeT取引(読み方:とすとねっととりひき

 

ToSTNeT取引とは、「Tokyo Stock Exchange Trading NeTwork System」の略で、東京証券取引所の立会外取引のことです。
立会外取引とは、通常の取引時間以外に行われる取引のことをいいます。

機関投資家などが「大口取引」や「バスケット取引」を行う際、通常の取引時間では株価に大きな影響を与えかねません。
そうなると市場の混乱を招いたり、円滑な取引執行が難しい場合もあります。

ToSTNeT取引は、そのような取引にも対応できるように設けられた取引制度となっています。

機関投資家などの「大口取引」など以外には、「自社株買い」を実施する時にも利用されます。

また、立会市場に上場する「内国株(国内株式)」や「外国株」「ETF」「REIT」「転換社債型新株予約権付社債(CB)」は、ToSTNeT市場にも上場しています。

 

ToSTNeT取引メモ

・ToSTNeT取引とは「Tokyo Stock Exchange Trading NeTwork System」の略
・東京証券取引所の立会外取引のことをいう
・株価に大きな影響を与えかねない大口取引などに対応するための取引制度

 

ToSTNeT取引の種類

ToSTNeT取引には、いくつかの取引の種類があります。

・単一銘柄取引(ToSTNeT-1)
・バスケット取引(ToSTNeT-1)
・終値取引(ToSTNeT-2)
・自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)

それぞれの内容を簡単に紹介していきます。

単一銘柄取引(ToSTNeT-1)

単一銘柄取引(ToSTNeT-1)は、文字通り単一銘柄を取引するものです。
立会市場の直近値から上下7%以内の価格で、相手方・銘柄・数量等を指定した取引ができます。

大口取引等を立会市場で行うと大きな影響を与えてしまい、円滑な執行が難しいケースもあります。
そのような場合に単一銘柄取引(ToSTNeT-1)を利用することで、市場へのインパクトを抑えることができます。
また、相手方や数量等を指定した取引ができるので円滑な執行も行うことができます。

なお、単一銘柄取引(ToSTNeT-1)は最低単位から売買が可能となっています。

バスケット取引(ToSTNeT-1)

バスケット取引(ToSTNeT-1)は、複数の銘柄をまとめて1つの商品として売買する取引のことです。
単一銘柄取引(ToSTNeT-1)と同じように、相手方・銘柄・数量等を指定した取引ができます。
価格については、立会市場の直近値で算出する基準代金の上下5%以内の価格となっています。

なお、バスケット取引(ToSTNeT-1)は、15銘柄以上かつ売買代金1億円以上から売買が可能となっています。

終値取引(ToSTNeT-2)

終値取引(ToSTNeT-2)は、立会市場の終値(又はVWAP)を確認してから取引に参加できるものです。
取引価格は取引時間によって異なりますが、基本は直近の終値等で取引ができます。

・8時20分~8時45分:前日終値
・11時30分~12時15分:前場終値
・15時~16時:当日終値

なお、終値取引(ToSTNeT-2)は、最低単位から売買が可能となっており、時間優先の取引となっています。

自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)

自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)は、自己株式取得専用の取引です。
自己株式取得とは、いわゆる「自社株買い」のことです。

終値取引では時間優先の取引となっていましたが、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)では買付数量に相当する売付数量を取引所が定める配分方法を持って配分します。

 

ToSTNeT取引メモ

・ToSTNeT取引にはいくつか種類がある
・ToSTNeTの種類によって取引時間や売買単位等が異なる
・自己株式取得専用の取引もある
ああああああ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事