MBA住宅ローン申請指数とは何か?わかりやすく解説

MBA住宅ローン申請指数とは

MBA住宅ローン申請指数(読み方:えむびーえーじゅうたくろーんしんせいしすう)

 

MBA住宅ローン申請指数とは、米国の個人の住宅ローン申請件数を指数化した指標のことです。

1990年3月16日を100として基準にしたもので、米抵当銀行協会(MBA:The Mortgage Bankers Association)毎週水曜日に発表しています。

固定金利、変動金利のローン申請件数のほか、新規購入、借り換えなども調査対象しており、住宅販売件数などの先行指標として捉えられています。

ただ、MBA住宅ローン申請指数はあくまで申請件数ベースとなっているため、一人が複数申請した場合も全てカウントされてしまうという問題点もあるので注意が必要ともいわれています。

MBA住宅ローン申請指数の見方

MBA住宅ローン申請指数は、住宅販売件数などの先行指標とされており、米国の住宅市場の活況度合いを判断する際に役立つ指標です。

具体的に説明すると、一般的に個人が住宅を購入する場合は住宅ローンを利用します。

住宅ローンの申請件数が多ければ、それだけ住宅を購入しようとしている人が多いということなので、住宅販売件数も増加する可能性が高いと考えることができます。

つまり、MBA住宅ローン申請指数の結果が良ければ、住宅は良く売れており、住宅市場は活況であるという判断ができます。反対に結果が悪ければ住宅市場は不況と判断することができます。

ただ、MBA住宅ローン申請指数は先ほども説明したとおり、あくまで申請件数ベースとなっているため、必ずしもMBA住宅ローン申請指数と住宅販売件数などの増減が一致するとは限りません。

また、住宅市場の活況度合いは、個人の消費意欲や景気の好不況が反映されるものです。

そのため、MBA住宅ローン申請指数の結果が良ければ、個人の消費意欲は高く、景気拡大期待という見方ができます。一方でMBA住宅ローン申請指数の結果が悪ければ、個人の消費意欲が低く、景気後退懸念が強まるという見方が出来るわけです。

このようにMBA住宅ローン申請指数は、住宅市況の活況度合いのほか、景気の好不況を判断する際にも役立ちます。

為替に対する影響としては、MBA住宅ローン申請指数の結果が良ければ米ドルの買い材料に、MBA住宅ローン申請指数の結果が悪ければ米ドルの売り材料となります。

スポンサーリンク
おすすめの記事