【相場格言集】運・鈍・根の三要素とは何か?わかりやすく解説

運・鈍・根の三要素とは

運・鈍・根の三要素(読み方:うん・どん・こんのさんようそ)


 

「運・鈍・根の三要素」とは、投資家・トレーダーが持っておくべき3つの要素のことで、単に「運・鈍・根」と表現されることもあります。

日本では昔から仕事などで成功するために「幸運」「愚鈍」「根気」の3つが必要な要素だと言われています。

この「運・鈍・根の三要素」という相場格言は、江戸時代に大阪の堂島で開設された「堂島米会所」にあった格言で、わかりやすく言うと、株式相場において成功するためには“運が良いこと・根気・適度な鈍感さ”の要素が必要だという意味となっています。

運・鈍・根のそれぞれの意味とは

もう少し具体的に「運・鈍・根」について解説すると

「運」
チャンスに対して敏感に察知する感覚、チャンスをモノにする実力を意味します。
「鈍」
目先の利益や他人の相場観などに振り回されることのない冷静な状態であることを指します。
「根」
継続的に根を張った投資ができるかということを意味しています。

「運・鈍・根の三要素」という相場格言は、投資家・トレーダーの心得とも言えます。

「運」「鈍」「根」これら3つの要素のいずれかが欠けていると、その人のトレードスタイルが確固たるものでなく、崩れてしまいますよ、という教えだとも考えられます。

投資家・トレーダーにとって、トレードスタイルが崩れてしまうことは「冷静ではなくなる」ことに繫がってしまうものです。

冷静な状態=相場の展開をよく見通すことができるということを意味します。

つまり、相場において急や衝動的でなく「常に冷静に相場に向き合いましょう」という意味合いも、この相場格言にはあるのではないでしょうか。

解説の冒頭でも触れましたが、「運・鈍・根」は仕事など人生の成功に必要3要素と提唱されていることもありますが、その本質的なところは株式相場においても同様だと考えられます。

スポンサーリンク
おすすめの記事