SWIFTとは何か?わかりやすく解説

SWIFTとは

SWIFT(読み方:すうぃふと、すいふと)


 

SWIFTとは、ひと言で説明すると「銀行間の国際金融取引を仲介する団体」のことです。

世界各国の銀行をつないで、国際送金などの金融取引を可能にするネットワークなどを提供しています。

SWIFTは、Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunicationの略称で、1973年に設立された協同組合となります。

ベルギーに本部を置き、日本語では国際銀行間通信協会などと呼ばれています。

高度に安全化された金融メッセージングサービス等を提供する金融業界の標準化団体となっており、世界200以上の国や地域で、11,000以上の金融機関等がこのネットワークを利用しているといわれています。

SWIFTの仕組み

SWIFTは、多くの国際金融取引で利用されているので「送金システム」とも言えますが、正確には「メッセージングサービス」です。

わかりやすく説明すると、世界各国の銀行が、国際送金などの国を跨ぐような取引をする時に、その取引情報をメッセージでやり取り仕組みとなります。

国内送金の仕組み

日本の国内送金では、全国銀行データ通信システム(全銀システム)というものがあり、これを利用して送金などを行います。

 

 

例えば、国内にある銀行Aから、国内にある銀行Bへ振込依頼があったとしましょう。

この場合、銀行Aが全銀システムを通じて「銀行Aの○○の口座から銀行Bの○○の口座へ○○万円振込」という指図を行います。

そうすると全銀システムを通じてその情報が銀行Bに伝わり、銀行Bにある口座へ入金が行われます。

それでは資金はどこでやり取りするのかというと、中央銀行(日本銀行)で銀行間の決済を行います。

中央銀行には各銀行が保有する口座があり、国内での資金移動については、この中央銀行に保有する口座内で銀行間の資金移動が行われることになります。

つまり、中央銀行があるので、銀行間で直接資金の振替ができるようになっています。

国際送金の仕組み

それではSWIFTはどうなのでしょうか。

まず、SWIFTの場合は中央銀行というものがありません。
SWIFTでは口座や資金管理をしておらず、あくまで世界各国の銀行を結ぶサービスを提供している団体となります。

それでは資金のやり取りはどうするのかというと、コルレス銀行と呼ばれる金融機関を経由して取引が行われます。
コルレス銀行は中継銀行や仲介銀行とも呼ばれます。

 

 

国際送金などを行う銀行では、個別に各銀行間で外国為替の決済を行うために「コルレス契約」を結んでいます。

コルレス契約は簡単に言うと、国際送金や決済を行うために銀行間で代金の受け払いを代行する契約のことです。
この契約を結んでいる銀行をコルレス銀行といいます。

コルレス契約を結ぶことで、互いの銀行に口座を保有することになり、その口座内で決済できるようになります。

ただ、世界中の全ての銀行とコルレス契約を結ぶのは難しいので、送金先にコルレス銀行がない場合は、送金先とコルレス契約している銀行に送金依頼を出し、間接的な送金を行うことになります。

例えば、日本の銀行Aから海外の銀行Bへ送金を行う場合、銀行Aは海外とコルレス契約のある銀行Cへ送金依頼を行います。

それを受けた銀行Cは、コルレス先である海外の銀行Dへ送金依頼を行います。
銀行Cと銀行Dはコルレス契約を結んでいるので、銀行Dには銀行Cの口座があり、その口座内から銀行Bへ送金が行われます。

こうした国際金融取引のメッセージをやり取りするシステムがSWIFTが提供する「メッセージングサービス」となります。

SWIFTからロシアを排除、その影響とは

最近では、ロシアに対する経済制裁でSWIFTが話題となりました。

これはロシアによるウクライナへの侵略に対して、日本や欧米などが経済制裁の一環として、SWIFTからロシアを排除するというものです。

SWIFTから排除されると具体的にどのような影響があるのかというと、SWIFTは世界各国の銀行をつなぐネットワークとなりますので、ここから排除されてしまうと「国際送金や決済などが困難」になってしまいます。

そうすると輸入企業なら支払いができなくなって取引停止となる恐れがありますし、輸出企業なら代金の受取ができなくなってしまいます。

また、海外と資金のやり取りが難しくなるので、海外から資金調達したり、海外へ投資することが難しくなります。

ほかには、排除された国の「貨幣価値の低下」にもつながります。

直近のロシア通貨ルーブルを見ても、SWIFT排除によりルーブルが急落し、過去最安値をつけています。

このようにSWIFT排除は、経済的には大きな影響を与えることができる経済制裁となります。

ただ、SWIFT排除は、ロシアだけが影響を受けるわけではありません。

SWIFT排除に対して、ロシアが対抗措置として資源エネルギーの供給停止などを行う可能性などもあり、供給不足への懸念などから資源高にもつながっています。

また、EU諸国にはロシアから資源エネルギーを輸入している国も多く、ロシアをSWIFTから排除することによって、大きな影響を受ける可能性もあります。

ほかにも、希少金属や小麦などの輸出国となっているため、それらを輸入している国も影響を受ける可能性があるでしょう。

また、ロシアへ輸出している国も、資金の回収が難しくなる可能性があるので、取引停止を実施するケースもあります。

このようにSWIFT排除は経済制裁として強力な効果がある一方で、その他の国も大きな影響をもたらすことがあり、世界各国に影響を与えることがあります。

特にロシアとの貿易が盛んな国も大きな影響を受ける可能性があります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事