「た」から始まる株式用語

貸借銘柄(読み方:たいしゃくめいがら)
貸借銘柄とは、制度信用取引ができる銘柄の中で信用取引の売り建てが可能な銘柄のことをいいます。つまり簡単…

第三者割当増資(読み方:だいさんしゃわりあてぞうし)
第三者割当増資とは、資金調達方法のひとつで、特定の第三者を対象にした増資のことです。特定の第三者に新株…

代用有価証券(読み方:だいようゆうかしょうけん)
代用有価証券とは、信用取引の担保として預ける株式等の有価証券のことです。担保のことを「委託保証金」とい…

立会外取引(読み方:たちあいがいとりひき)
立会外取引とは、通常の取引時間以外に行われる取引のことです。機関投資家などが「大口取引」や「バスケット…

立会外分売(読み方:たちあいがいぶんばい)
立会外分売とは、取引時間外に株式を売り出す売買方法のことです。大株主などのまとまった売り注文を小口に分…

単位株数(読み方:たんいかぶすう)
単位株数(単位株式数)とは、現在の単元株になる前の制度の株式のことです。具体的には単位株数=売買単位の…

単元未満株(読み方:たんげんみまんかぶ)
単元未満株とは、1単元の株数に満たない株式のことをいいます。1単元とは、株式取引の最低売買単位のことで…