【株主優待】100株で貰えるうれしいお米優待株8選

保有100株で「お米」や「おこめ券」が優待で貰えるオススメ8銘柄を紹介しています。
こちらの記事で紹介している優待株は、100株保有でお米または、おこめ券が貰える優待株を対象に、ZAi探編集部選りすぐりの8銘柄となります。

お米優待株8選

株主優待において上位人気のお米。

各産地のブランド米など、今回はお米やおこめ券が貰える優待株8銘柄を紹介します。

紹介する優待株は「100株保有でお米またはおこめ券が貰える優待株」を対象としており、ZAi探編集部選りすぐりの銘柄となります。

また、紹介する優待株における優待利回りですが、それぞれ2021年7月21日終値ベースで算出しています。

それでは、100株で貰えるお米優待株8選を紹介していきます。

【1762】高松コンストラクショングループ

出典:高松コンストラクショングループ

権利確定月は3月で、3月31日現在の株主名簿に記載された株主が対象となります。

100株保有で「南魚沼産コシヒカリ新米5キロ」または「おこめ券5枚」が贈呈され、おこめ券は5キロ相当、額面2200円分となっています。

また、選択肢としては「お米」または「おこめ券」以外に「寄付」もあります。

ゼネコン中堅で、小口案件を得意とする高松コンストラクショングループですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は2018円ですので、100株取得の最低投資金額は201,800円となります。

優待利回りは、優待価値2200円計算で1.09%になります。

また高松グループの業績は前期は前々期比で15.6%減とやや沈みましたが、今期は7%増益と切り返しています。

売上高はしっかり伸びており10期連続で増収に、第4四半期単体で見た場合も前回時と比べて利益率などは伸びており、総じて業績は上向いてきていると言えるでしょう。

【7520】エコス

出典:エコス

権利確定月は2月と8月で、2月末日および8月31日現在の株主名簿に記載の株主が対象となります。

100株保有で「3000円分の株主優待券」または「3000円分の引換券全てと引き換えにエコスグループ取扱米のコシヒカリ」が贈呈されます。

 

出典:エコス

株主優待券からお米への引き換え方法ですが、株主優待券送付時に案内されるようになっており、2月権利分は5月下旬、8月権利分は11月上旬にお届けとなります。

ちなみに株主優待券は、エコスグループ全店にて、お買い上げ税込み1000円ごとに1枚使用することができます。

有効期限に関しては、5月下旬お届け分は11月30日まで、11月上旬お届け分は翌年5月31日までとなっています。

なお、エコスグループ店舗の店頭での優待券とお米の引き換えは実施されておらず、優待券送付時の案内に準じた方法でのみ、お米に引き換えることが可能になります。

地域密着の商売に徹し、食品スーパーマーケットチェーンとして歴史があり、資源リサイクルや循環型農業など地域社会に貢献できる活動を展開するエコスグループですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は1894円ですので、100株取得の最低投資金額は189,400円となります。

優待利回りは、優待価値6000円分(3000円×年2)計算で3.17%になります。

エコスの業績は好水準をキープしている印象です。

前期は前々期と比べて33.4%増と大幅拡大で着地と好調でした。

今期はやや減益の予想ですが、直近発表した第1四半期は上期計画に対する進捗率は59.2%となっており、5年平均である45.1%を大きく上回っています。

会社計画もやや保守的に見えるので、今後の上ぶれに期待したい状況です。

【4343】イオンファンタジー

出典:イオンファンタジー

権利確定月は2月と8月で、2月末日、8月末日での株主が対象となります。

100株保有で

・2月権利分は「2000円分の株主優待券」および「魚沼産こしひかりを3キロ」
・8月権利分として「2000円分の株主優待券」

が贈呈されます。

ちなみに8月権利分の株主優待券は、2019年から拡充されたものとなります。

つまり、イオンファンタジーの株主優待は年間で「3キロのお米」と「4000円分の株主優待券」をもらうことができます。

 

出典:イオンファンタジー

優待券の対象施設はアミューズメント施設やインドアプレイグラウンドがあり、株主優待券での品物はイオンファンタジーのHP上でお届け目安時期を確認することができます。

イオングループのショッピングセンター内を軸に、アミューズメント施設を展開するイオンファンタジーですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は1960円ですので、100株取得の最低投資金額は196,000円となります。

優待利回りは、優待価値4000円分(2000円×年2)計算で2.05%になります。

業績面は厳しめですが、徐々に上向いてはきています。

コロナ影響が大きい事から前期は大幅な赤字で着地となりましたが、今期は赤字が縮小する予想となっています。

3期連続赤字になりますが、それでも最悪のシーズンは超えたということで、これから徐々に復活してくる展開を期待します。

直近発表の第1四半期も17.3億円の赤字とはなりましたが、前期は42.7億円の赤字だったことから、だいぶ赤字幅縮小となり方向としては上向きです。

メダルゲームが引き続き苦戦で戻り鈍いですが、カードゲームやカプセルトイなどはだいぶ回復してきており、今後コロナの状況が良くなってくれば更なる復活を見せてくれるでしょう。

【3399】丸千代山岡家

出典:丸千代山岡家

権利確定月は1月と7月で、毎年1月末、7月末時点の株主名簿に記載されている株主が対象となります。

100株保有で「税込470円~1290円相当の優待券2枚」または「お米2キロ」となっています。

ですので年間で「優待券4枚」または「お米4キロ」がもらえます。

各優待時期に送られる申込用紙にて、優待券またはお米のいずれかを選択し、返送する流れとなります。

 

出典:丸千代山岡家

株主優待券はラーメン山岡家、極煮干し本舗、味噌ラーメン山岡家全店で利用可能で、優待券1枚でお好きなラーメン1杯とのお取替えとなります。

お米ではなく、優待券を希望または検討される場合は、丸千代山岡家HPの株主優待制度のページにて詳細を確認することができます。

あわせて優待贈呈の時期についても明記されていますが、1月権利分で7月下旬頃の発送予定、7月権利分で12月中旬の発送予定となっています。

全国の主要幹線道路沿いを中心に展開するラーメンチェーンの丸千代山岡家ですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は1901円ですので、100株取得の最低投資金額は190,100円となります。

優待利回りは株主優待券2580円分で算出すると1.36%となっています。

業績面は、飲食店と言う事でどうしてもコロナ影響で前期は沈みましたが、しっかり回復してきているかと思います。

前期は沈みましたが、今期経常は7%増益の予想と反発に。

また、8期連続増収と、利益はともかく売上は右肩上がりに伸ばしています。

直近の第1四半期も内容良く、前期の1億ちょいの赤字から今期は黒字化を果たしており、上期計画の目標を既に大幅に超過と想定よりも良いペースで回復を見せています。

どうしてもコロナの状況次第な所はありますが、今後更に状況良くなれば更に調子上向いてくるのではないでしょうか。

【2700】木徳神糧

出典:木徳神糧

権利確定月は6月と12月で、6月末現在・12月末現在の株主が対象となっています。

ただし、100株保有でお米がもらえるのは12月権利分のみとなっており、6月権利分に関しては200株以上の保有で対象となっています。

12月権利分の優待品として、2,000円相当の同社米穀製品が贈呈されます。

生産者の方が作ったお米を自社工場で丁寧に精米し、様々な取引先へ販売している米卸首位クラスで、飼料事業や海外展開も拡大中の木徳神糧ですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は3510円ですので、100株取得の最低投資金額は351,000円となります。

優待利回りは、優待価値2,000円で算出すると0.57%となっています。

こちらもコロナの影響を受けて沈んでいた会社で前期は赤字で着地と苦戦していましたが、そこから徐々に上向いて今期営業は黒字浮上となる見通しです。

一番直近発表である第1四半期は前期比で2.1倍増益となっており、急回復でやはり上向きと言えるでしょう。

コロナによる業務向けの需要減退は続いていますが、輸入米の販売数量は増加傾向となってきており、今後の復活に期待の企業です。

【2676】高千穂交易

出典:高千穂交易

権利確定月は3月で、毎年3月31日時点の株主名簿に記載されている株主が対象となります。

100株保有でお米ギフト券2キロ分が贈呈されます。

なお、株主優待をお米ギフト券としている理由としては、同社の特製上、自社製品に適当なものがないため、多くの株主に喜んでもらえるものと検討した結果、お米ギフト券となっているとのことです。

そんな高千穂交易ですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は1154円ですので、100株取得の最低投資金額は115,400円となります。

優待利回りについては算出不可とします。

業績面は直近好調です。

前期経常は減益の予想でしたが一転増益で上振れ着地。

今期経常は19%増益と伸びる見通しとなっており、上向いています。

テレワーク需要の高まりもあり、リモートアクセス製品が伸びたりと数字貢献中です。

また通信端末や半導体向けデバイスも順調だったりで営業益は大幅増、配当も前期分を増配するなど株主還元もしっかり行っています。

【3175】エー・ピーホールディングス

出典:エー・ピーホールディングス

権利確定月は3月で、毎年3月末日現在の株主が対象となります。

100株保有で「APHDグループの直営店舗で使用できる優待券3000円分」または「お米券3キロ分」が贈呈されます。

優待券は、同社グループの直営店舗でのみ利用可能で、「じとっこ」などライセンス店舗では利用不可となります。

お近くに利用店舗がない等の理由から、お米券との引き換えを希望する場合は、優待券を返送する形でお米券が送付される流れになっています。

居酒屋「塚田農場」など都内を中心に展開し、自社農場で地鶏の育成から販売直結まで手掛けるAPHDですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は478円ですので、100株取得の最低投資金額は47,800円となります。

優待利回りは、優待価値3000円計算で6.28%となっています。

業績面は赤字が続いており厳しいようにも見えます。

前期は35.4億円の赤字に転落となり、今期の業績見通しについては非開示、配当だけは無配を発表と先行きも不安定です。

居酒屋展開ということでコロナ打撃も大きく、店舗数も減少中。

コロナ対策による時短営業なども被害は大きい模様です。

厳しい状態ですが、だからこそ株価はそれを織り込んでいる位置にはいます。

今後のコロナ状況が好転すれば復活する企業とは思うので、動向には注目の企業となります。

【3133】海帆

出典:海帆

権利確定月は9月で、9月30日現在の株主が対象となります。

100株保有で「同社店舗で利用できる2000円分のお食事優待券」と「お食事割引券20%割引券10枚」または「全国共通おこめ券2キロ相当分」が贈呈されます。

おこめ券は、利用可能店舗がない株主を考慮したもので、所定の返信用ハガキを返送する流れとなっています。

東海地方中心に居酒屋「昭和食堂」主体に飲食店を直営展開する海帆ですが、

 

 

2021年7月21日時点で株価は684円ですので、100株取得の最低投資金額は68,400円となります。

優待利回りについては算出不可とします。

こちらも業績面は厳しそうです。

前期は10.6億円の赤字で着地となり、前々期から赤字幅は拡大。

4期連続の赤字で、今期の業績見通しも非開示となっています。

先程と同様、主力が居酒屋ということでコロナの打撃が大きいです。

ただ同じく今後のコロナ状況次第な所はありますので、今後の状況良化に期待となります。

 

以上が【株主優待】100株で貰えるうれしいお米優待株8選になります。

株主優待において、少しでも参考になりましたら幸いです。

また、ZAi探は株式用語や株主優待などについて「YouTube(ZAi探の解説動画チャンネル)」でも配信中しています。
YouTube(ZAi探の解説動画チャンネル)」で先行配信している内容もありますので、ぜひチャンネル登録の方をよろしくお願いします。

※当記事で提供する情報は特定の銘柄を推奨したり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資をする際の最終決定は、必ずご自身の判断で行うようお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
博展|『“サステナビリティ”視点が必須となる、これからのイベント』 MICE※・イベント関係者限定 特別プログラム “Sustainable Event Professional Forum”を初開催 ~サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜 内で株式会社セレスポと共同主催~
開催
博展|『“サステナビリティ”視点が必須となる、これからのイベント』 MICE※・イベント関係者限定 特別プログラム “Sustainable Event Professional Forum”を初開催 ~サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜 内で株式会社セレスポと共同主催~
概要 イベントを中心に企業の体験型マーケティング活動を支援する株式会社博展(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口徳久、以下「当社」)は、...