【株式優待】100株で貰える旅行やホテル宿泊割引系優待株7選
今回こちらの記事では、100株で貰える株主優待シリーズ、100株保有で貰える旅行やホテルの割引サービスなど、施設割引・宿泊系の優待株について紹介しています。

旅行やホテル宿泊割引系優待株7選

100株保有で貰える株主優待、今回の記事では旅行に嬉しいホテルの割引サービスなど、宿泊系の優待株について紹介しています。

なお、紹介する銘柄における優待利回りですが、2021年10月1日終値株価で算出しています。

それでは、早速紹介していきます。

【9603】エイチ・アイ・エス

まず、1つ目の優待株は「エイチ・アイ・エス」です。

 

出典:エイチ・アイ・エス

権利確定月は4月と10月で、100株保有で

・HIS株主優待券2000円分相当、年間で4000円分相当
・ハウステンボス入場割引券500円分相当、年間で1000円分相当
・ラグーナテンボス入場割引券500円分相当、年間で1000円分相当

が贈呈されます。

優待券、割引券が使える対象や、有効期限などはエイチアイエスのHPに記載されているので、気になる方は一度チェックしてみると良いでしょう。

優待内容からも見られるように、ハウステンボスやホテルなども展開し、海外旅行を主とする旅行会社大手・エイチアイエスですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は2,842円ですので、100株取得の最低投資金額は284,200円となります。

優待利回りは、優待価値6,000円相当で算出すると2.11%となります。

エイチ・アイ・エスは21年度が経常赤字なら財務制限条項に抵触でしたが、銀行と協議して緩和されました。

本社屋に加えて保有している不動産、有価証券などを売却して資金確保に動いています。

前期は赤字ながら上振れ着地。

今期は赤字幅拡大と、コロナ直撃系ということもあり業績面は流石に厳しい展開です。

ここはとにかく情勢次第で、緊急事態宣言も解除されたということで、このままコロナ関連が良い方向に動いてくれれば大復活も期待できると思います。

【6634】ネクスグループ

続いては「ネクスグループ」です。

 

出典:ネクスグループ

権利確定月は5月と11月で、100株保有で国内外旅行費用割引優待、提携の国内温泉旅館で利用可能な宿泊割引優待となっています。

旅行費用の割引優待は、グループ会社の株式会社ウェブトラベルの手配となります。

インターネット旅行事業のほか、M2Mに注力したデバイス事業や、衣料雑貨「チチカカ」を中核事業とするネクスグループですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は179円ですので、100株取得の最低投資金額は17,900円となります。

優待利回りについては算出不可とします。

ネクスグループも業績面は苦戦しています。

前期は赤字拡大で着地、今期は非開示となっていますが今期もここまで厳しい展開で推移しています。

暗号資産の売却益や株売却の特益などはありますが、柱の衣料・雑貨やネット旅行などがコロナの影響あり想定以下と苦戦中です。

今後の情勢次第ですので、上向いて欲しいところです。

【7593】VTホールディングス

続いては「VTホールディングス」です。

 

出典:VTホールディングス

権利確定月は3月で、100株保有で次の4種の優待券が贈呈されます。

・新車・中古車購入利用優待券30,000円分を1枚
・車検時利用優待券10,000円分を1枚
・一般料金表より20%OFF(インターネット含むその他料金より10%OFFとなるレンタカー利用割引券5枚)
・キーパーLABOサービス利用割引券1枚

それぞれ、有効期限や利用可能店舗については、VTホールディングスのHPで確認できるので、優待が気になる方は一度チェックしてみると良いでしょう。

2019年に、自動車用コーティングや洗車などで知られるKeePer技研の議決権所有割合の20.06%の株式取得で、持分法適用関連会社化。

今年5月にKeePer技研の自己株式の買付に応募し、所有する株式の一部を売却して持分法適用関連会社からは外れるも、引き続き業務提携関係は継続しているVTホールディングスですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は530円ですので、100株取得の最低投資金額は53,000円となります。

優待利回りは、優待価値40,000円相当で算出すると75.5%となります。

VTホールディングスは業績も好調な会社です。

今期は元々増益予想ですがそこから上方修正を発表しており、8期ぶりに過去最高益を更新する見通しです。

好採算の中古車販売が絶好調で数字に貢献。

新車販売も前期の台数激減から回復しています。

欧州のほうも経済活動再開から来店増があり復調しており、全体的に上向きです。

【3814】アルファクス・フード・システム

続いては「アルファクス・フード・システム」です。

権利確定月は9月で、100株保有で同社運営ホテル「ナチュラルグリーンパークホテル」 宿泊ご優待券1枚、7,000円相当が贈呈されます。

なお、去年2020年9月末権利確定分の株主優待として贈呈された「ナチュラルグリーンパークホテル 宿泊ご優待券」の有効期限は、

変更前が2021年9月30日
変更後が2021年11月30日

とすでに有効期限延長に関するお知らせが、2021年6月に発表されています。

ちなみに、ナチュラルグリーンパークホテルの所在地は、アルファクス・フード・システム本社がある山口県山陽小野田市になります。

外食産業専門の情報システム企業で、世界初の外食産業向け「自動発注システム」で特許を取得しているアルファクス・フード・システムですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は655円ですので、100株取得の最低投資金額は65,500円となります。

優待利回りは、優待価値7,000円相当で算出すると10.7%となります。

アルファクス・フード・システムは、取引先からの納品延期要請などは強まり今期の業績予想を未定にするなど、不透明感があります。

中期計画の数値目標も取り下げと、少し不安定な見通しです。

それでも営業黒字化と小幅ながら反発はしています。

今後の取引先の飲食店の状況良化から上向いてくる展開に期待します。

【7040】サン・ライフホールディング

続いては「サン・ライフホールディング」です。

権利確定月は3月で、100株保有でこちらの優待内容となっています。

 

出典:サン・ライフホールディング

サン・ライフグループ全施設で利用可能な優待券1,000円券が3枚、または、オリジナル金粉入りスパークリングワイン引換券1枚と引き換え可能

 

出典:サン・ライフホールディング

ホテル宿泊と飲食優待券が1枚。
こちらは宿泊の正規料金より50%割引、飲食10%割引となります。

 


出典:サン・ライフホールディング

婚礼利用割引。
こちらは、株主またはそのご家族対象の衣装・料理・飲物が5%割引となります。

葬儀利用割引。
こちらは、株主またはそのご家族対象の葬儀基本費用20%割引、祭壇リース料など会場設営費は10%割引となります。

 

出典:サン・ライフホールディング

介護・福祉用品10%割引券が1枚。

さらに自分史編纂ご優待券1枚となります。
こちらは相談から出版までの全費用の10%割引となります。

以上の優待内容となっています。

冠婚葬祭の大手で、式典事業・ホテルブライダル事業、介護事業や互助会事業も手掛けるサン・ライフホールディングですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は800円ですので、100株取得の最低投資金額は80,000円となります。

優待利回りは、優待価値3,000円で算出すると3.75%となっています。

コロナの影響で葬儀も小規模化が進んでおり厳しい展開は続いていますが、新斎場の開業は進んでおり、それが数字寄与していたりと上向きです。

業績面はまさにV字回復といった感じで、前期は数字落ち込みましたが今期は前期比72%増益と上向いています。

また8月発表の第1四半期は好調で黒字浮上、上期計画を既に上回っていたりと直近の四半期も好調です。

【6577】ベストワンドットコム

続いては「ベストワンドットコム」です。

 

出典:ベストワンドッココム

権利確定月は7月で、5,000円分の優待割引券が進呈されます。

優待割引券は、ベストワンドットコムが取り扱うクルーズ旅行商品、全パッケージツアー、外国船の全クルーズ乗船券の予約時に利用可能となっています。

こちらの優待が気になる方は、ベストワンドットコムのHPにて利用対象商品・利用方法など、一度チェックしてみると良いでしょう。

「ベストワンクルーズ」など、クルーズ旅行専門のオンライン旅行業者であるベストワンドットコムですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は2,840円ですので、100株取得の最低投資金額は284,000円となります。

優待利回りは、優待価値5,000円で算出すると1.77%となっています。

ベストワンドットコムの業績面は、コロナ直撃ということもあり赤字が続いています。

前期は赤字が拡大して着地、今期の予想は非開示となっています。

クルーズは日本船は運航再開も貢献が小さいです。

主力となる外国船は回復にもう少しかかりそうで、状況良化まで今は耐え時です。

【9616】共立メンテナンス

続いては「共立メンテナンス」です。

 

出典:共立メンテナンス

 

優待の権利確定月は3月と9月で、100株保有で、株主優待割引券が年間で2枚、リゾートホテル優待券が年間で4枚贈呈されます。

優待割引券は、1枚あたり額面1,000円相当、リゾートホテル優待券は通常料金の約10%~30%割引となっており、

共立メンテナンスおよびグループ会社運営施設で利用することができます。

こちらの優待が気になる場合は、共立メンテナンスのHPを一度チェックしてみると良いでしょう。

シニア向け住宅のウェルネスライフ事業、学生寮や社員寮、受託事業やホテル事業を行う共立メンテナンスですが、

 

 

2021年10月1日時点で株価は4,230ですので、100株取得の最低投資金額は423,000円となります。

優待利回りは、優待価値2,000円で算出すると0.47%となっています。

共立メンテナンスの業績面は、やはりホテルと言う事でコロナの影響大きく前期大きく沈みました。

ただし今期は切り返して黒字復活する見通しとなっています。

それでも緊急事態宣言の長期化などで回復はやや遅れており厳しい状況は変わりません。

今後の状況次第ですが、元々は業績安定した会社だったということで、状況の良化からの復活を期待します。

 

以上が、株主優待・100株で貰える旅行やホテル宿泊割引優待株7選になります。

株主優待において、少しでも参考になりましたら幸いです。

また、ZAi探は株式用語や株主優待などについて「YouTube(ZAi探の解説動画チャンネル)」でも配信中しています。
YouTube(ZAi探の解説動画チャンネル)」で先行配信している内容もありますので、ぜひチャンネル登録の方をよろしくお願いします。

※当記事で提供する情報は特定の銘柄を推奨したり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資をする際の最終決定は、必ずご自身の判断で行うようお願いいたします。

おすすめの記事