セルソース|2019年10月期決算説明資料

概要

ハイライト ~業績~
創業以来当期まで連続で増収増益を達成

ハイライト ~主要KPI~
加工受託数、提携医療機関数ともに順調に拡大。上場にともなう人員・管理体制強化のため販管費増加し、営業利益率低下

売上高
加工受託件数の増加等により再生医療関連事業は増収。EC環境の変化に対しコンシューマー事業は価格戦略を見直し

販管費
人員の増強や内部管理体制の強化を目的として販管費は増加

セグメント別利益(全社費用を除く)
加工受託件数が増加した再生医療関連事業、大手ドラッグストア「トモズ」での販売を開始したコンシューマー事業、いずれも増益

セルソース【4880】の情報

IR情報

4880-20191212
スポンサーリンク
おすすめの記事
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.がSmart IoT industry 4.0 ソリューション 「AIRUX-8」を開発し、シンガポールフォルクスワーゲンの 5 階建てビルに導入致しました。「AIRUX-8」はビル全体のエネルギー消費を自動制御するIntelligent IoT Controller です。
開始
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.がSmart IoT industry 4.0 ソリューション 「AIRUX-8」を開発し、シンガポールフォルクスワーゲンの 5 階建てビルに導入致しました。「AIRUX-8」はビル全体のエネルギー消費を自動制御するIntelligent IoT Controller です。
概要 株式会社トランザス(本社:横浜市西区、社長:藤吉 英彦、以下「トランザス」)の 100%子会社である TRANZAS Asia Pac...