シンバイオ製薬|2020 年 12 月期~2022 年 12 月期(3 か年)中期経営計画

概要

当社は、2020 年 12 月期~2022 年 12 月期に係る中期経営計画を策定しましたのでお知らせいたします。

1. 今後 3 ヶ年の中期経営計画

(1) 当中期経営計画提出時点における前事業年度の総括
前事業年度(2019年1月1日~2019年12月31日)における当社事業の進捗状況は以下のとおりです。

① 国内事業
[製品の不良品問題について]
当社は、2019年8月7日に公表した業績予想修正の理由に記載しましたように、トレアキシン®の国内販売においてアステラス製薬株式会社の連結子会社であるアステラス ドイッチランド社(以下「アステラスドイツ」という)から輸入した凍結乾燥注射剤において異物の混入及び外観不良などが両者間で締結した供給契約で定めた品質基準を著しく超えた割合で認められたことを受けて、当社から販売委託先のエーザイ株式会社へのトレアキシン®100mg製剤の出荷時期が当初の予定よりも遅延しました。この影響により当事業年度の売上高は、2,837,753千円となり、当初計画比36.4%の減少、営業損失は4,301,615千円(当初計画は営業損失3,587百万円)となりました。
今後同様の品質問題を繰り返さないようアステラスドイツに対して厳重に抗議するとともに代替バッチの製造と迅速な出荷を強く要求した結果、現在代替バッチの供給を受けておりますが、一部代替バッチの不安定な納期と継続する高い不良品率により、依然、トレアキシン®の在庫レベルは低い状況が続いており、当社はアステラスドイツに対して供給元としての責務を果たすよう引き続き強く要請しております。当社は、製薬企業の使命である高品質の医薬品の安定的供給の責任を果たすべく、アステラスドイツへ改善を求めることを含めて協議を継続してまいります。これに対してアステラスドイツはCAPA(改善措置・予防措置)プログラムを設置しておりますが、その有効性については現時点では確認ができておりません。

シンバイオ製薬【4582】の情報

IR情報

4582-20200206
スポンサーリンク
おすすめの記事
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.は 東南アジアの商業施設向けにセンサー連動型サイネージ 2,000 枚を シンガポール企業に納品いたしました。 合わせてチャネル編成や動画配信のクラウド型 CMS サービスの提供を 本日より開始いたします。
開始
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.は 東南アジアの商業施設向けにセンサー連動型サイネージ 2,000 枚を シンガポール企業に納品いたしました。 合わせてチャネル編成や動画配信のクラウド型 CMS サービスの提供を 本日より開始いたします。
概要 株式会社トランザス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:藤吉英彦、以下「トランザス」)の 100%子会社である TRANZAS As...