ディー・エヌ・エー|タクシー配車アプリ等に関する事業の統合、及び、 本統合に当っての会社分割(簡易吸収分割)に関する基本合意書締結のお知らせ

概要

当社、日本交通ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:川鍋 一朗、以下 日本交通ホールディングス)、及び、同社の子会社である JapanTaxi 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 執行役員 CEO:川鍋 一朗、以下 JapanTaxi)は、タクシー配車アプリ等に関する事業の統合を行い、新たな体制で事業を推進していくことを決定いたしました。
統合にあたっては、当社が運営するタクシー配車アプリ等に関する事業を、吸収分割の方法により、JapanTaxi(統合時に社名変更予定)に承継させる予定であり、本日、本件に関する基本合意書を締結いたしました。
なお、本会社分割は、当社の総資産の減少額がその直前事業年度の末日における純資産額の 10%未満、かつ、当社の売上高の減少額がその直前事業年度の売上高の 3%未満であることが見込まれるため、開示事項・内容を一部省略して開示しています。

1. 会社分割の目的
タクシー配車アプリ等に関する事業の一層強固な体制構築及び事業・戦略の推進に向け、当社及びJapanTaxi の関連する事業の統合を図るものです。統合にあたっては、次世代タクシー配車アプリ「MOV」を主体とする当社のタクシー配車アプリ等に関する事業を吸収分割の方法により JapanTaxi に承継いたします。なお、本会社分割を経て、当社と日本交通ホールディングスは、JapanTaxi の共同筆頭株主となり、JapanTaxi は、当社の持分法適用会社となる予定です。
当社は、インターネットや AI を活用し、様々な産業と新たなサービス・事業を共創してまいりました。交通の分野においても、「MOV」の運営を通じ、“すぐ呼べる。すぐ乗れる。”次世代タクシー配車サービスの実現・普及を図るとともに、労働力不足などのタクシー業界が抱える課題解決への貢献に努めてまいりました。
一方で JapanTaxi は、全国約7万台のタクシー車両のネットワークを強みに、タクシー配車アプリを始めとする事業を展開しております。同社は 2011 年より、日本で初めてタクシー配車アプリを提供開始し、現在では、全国 47 都道府県を網羅するまでにサービスを拡大しております。両社の強みと経営資源を結集し、タクシー配車アプリの普及によってタクシー産業の進化を下支えし、MaaS(Mobility as a Service)領域における取り組みを加速してまいります。

ディー・エヌ・エー【2432】の情報

IR情報

2432-20200204
スポンサーリンク
おすすめの記事
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.は 東南アジアの商業施設向けにセンサー連動型サイネージ 2,000 枚を シンガポール企業に納品いたしました。 合わせてチャネル編成や動画配信のクラウド型 CMS サービスの提供を 本日より開始いたします。
開始
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.は 東南アジアの商業施設向けにセンサー連動型サイネージ 2,000 枚を シンガポール企業に納品いたしました。 合わせてチャネル編成や動画配信のクラウド型 CMS サービスの提供を 本日より開始いたします。
概要 株式会社トランザス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:藤吉英彦、以下「トランザス」)の 100%子会社である TRANZAS As...