マーチャント・バンカーズ|「MBKブロックチェーン、仮想通貨交換所「ANGOO Fintech」運営会社との業務提携(独 占的パートナーシップ)の締結について」に関する経過について

概要

2019 年 8 月 23 日付で、仮想通貨交換所「ANGOO Fintech」のサービス開始時期延期に伴い、当社子社MBKブロックチェーン株式会社(以下、「MBKブロックチェーン」といいます。)が受領した、米ドル連動型のステーブルコイン(以下、「本件コイン」といいます。)の「ANGOO Fintech」における取扱開始時期、及びMBKブロックチェーンが行う本件コインにかかるプロモーションの完了時期がそれぞれ延期となることをご報告させて頂きました。

今般、仮想通貨交換所「ANGOO Fintech」を運営するエストニア法人「Cryptofex OÜ;」は、システムの確認等の最終段階の準備を完了し、2020 年 2 月 20 日より「ANGOO Fintech」のサービスを開始することを決定いたしました。
これは、当初、ベータ版「ANGOO Fintech」を公開のうえ、一部機能の公開を制限したバージョンを提供し、システムの動作やサーバーの負荷状況等を確認後、順次提供する機能を公開していくとのことです。

MBKブロックチェーンが受領した米ドル連動型ステーブルコインにつきましても、審査完了次第、取扱いが開始され、MBKブロックチェーンにおいて EU23 カ国向けのプロモーションを開始する方針ですが、取扱開始(審査終了)時期は現時点で未定です。

なお、「ANGOO FINTECH」における本件コインの取扱開始(審査終了)時期、本件コイン 200 万枚の会計処理並びに 2020 年 3 月期の業績への影響につきまして、それぞれ確認が取れた時点で、速やかにご報告させて頂きます。

マーチャント・バンカーズ【3121】の情報

IR情報

3121-20200210
スポンサーリンク
おすすめの記事
イオンディライト|世界の清掃・ビルメンテナンス業界の課題解決を実現した、 業務用 AI 搭載清掃ロボット、テナントカンパニー『T7AMR』。 発売から 1 年半で、北米・日本で、すでに 東京ドーム約 8,000 個分(累計 371 百万平方メートル)を清掃!
開発
イオンディライト|世界の清掃・ビルメンテナンス業界の課題解決を実現した、 業務用 AI 搭載清掃ロボット、テナントカンパニー『T7AMR』。 発売から 1 年半で、北米・日本で、すでに 東京ドーム約 8,000 個分(累計 371 百万平方メートル)を清掃!
概要 テナントカンパニーの AI 搭載清掃ロボット『T7AMR』は、日・米を中心に、施設清掃で稼働中。日本向けモデルは、日本有数のファシリテ...