クックパッド|減損損失の計上に関するお知らせ

概要

当社は、2019 年 12 月期の連結決算(国際会計基準、以下 IFRS という)及び個別決算(日本基準)において、減損損失を計上する見込みとなりましたので、下記のとおりお知らせします。

1.減損損失の内容
(1) 連結決算(IFRS)における減損損失の計上について
当社は 2017 年より 10 年間を長期的な企業価値向上のための投資期間と定めています。海外事業におきましても、当該方針に基づいて進出するそれぞれの国において、圧倒的 No.1 のポジションを実現すべくチャレンジを行ってまいりました。この度、現状を鑑みて事業計画を再度保守的に検討し、プロダクトそのものの充実、開発に伴う採用強化、コミュニティの充実に繋がる熱狂的なファンの獲得等、グローバル一体となってプロダクト開発に集中するべきであるため、個別の国単位でのマネタイズをグローバルプラットフォーム充実の価値判断の軸としないこととしました。IFRS に基づく減損テストを実施した結果、当社の海外連結子会社ののれん全額である Cookpad Rus LLC(ロシア)、Cookpad Greece Single Member Private Company(ギリシャ)及び Cookpad Hungary kft(ハンガリー)総額 769 百万円について、減損損失を計上することになりました。

(2) 個別決算(日本基準)における減損損失の計上について
当社が個別決算上認識しているのれん全額である Cookpad Greece Single Member Private Company(ギリシャ)及び Cookpad Hungary kft(ハンガリー)総額 209 百万円について、保守的に回収可能性を検討した結果、減損損失を計上することになりました。

クックパッド【2193】の情報

IR情報

2193-20200124
スポンサーリンク
おすすめの記事
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.は 東南アジアの商業施設向けにセンサー連動型サイネージ 2,000 枚を シンガポール企業に納品いたしました。 合わせてチャネル編成や動画配信のクラウド型 CMS サービスの提供を 本日より開始いたします。
開始
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.は 東南アジアの商業施設向けにセンサー連動型サイネージ 2,000 枚を シンガポール企業に納品いたしました。 合わせてチャネル編成や動画配信のクラウド型 CMS サービスの提供を 本日より開始いたします。
概要 株式会社トランザス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:藤吉英彦、以下「トランザス」)の 100%子会社である TRANZAS As...