第一工業製薬|当社グループは、2025 年3月期を最終年度とする5ヵ年の新中期経営計画「FELIZ 115」

概要

1.新中計「FELIZ 115」の位置付け
新中計「FELIZ 115」は、2030 年の社会環境を見据え、来る 100 年に存続する変革実行を骨子としています。世界的に不確実性は高まりますが、米国を軸に経済は安定して成⾧すると見ました。当社の社是、「産業を通じて、国家・社会に貢献する」は、永遠です。企業価値を高め、連結売上高 1,000 億円を確実にする歩みの新中計と位置付けています。2030 年に目指す企業像を視野に、SDGsから選んだ5つの目標に注力します。

第一工業製薬【4461】の情報

IR情報

4461-20200130
スポンサーリンク
おすすめの記事
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.がSmart IoT industry 4.0 ソリューション 「AIRUX-8」を開発し、シンガポールフォルクスワーゲンの 5 階建てビルに導入致しました。「AIRUX-8」はビル全体のエネルギー消費を自動制御するIntelligent IoT Controller です。
開始
トランザス|TRANZAS ASIA PACIFIC Pte. Ltd.がSmart IoT industry 4.0 ソリューション 「AIRUX-8」を開発し、シンガポールフォルクスワーゲンの 5 階建てビルに導入致しました。「AIRUX-8」はビル全体のエネルギー消費を自動制御するIntelligent IoT Controller です。
概要 株式会社トランザス(本社:横浜市西区、社長:藤吉 英彦、以下「トランザス」)の 100%子会社である TRANZAS Asia Pac...